スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

沖縄へ行って来ました!

6月5日(木)~6日(金)は、沖縄で開催された
『九知P連研究協議会(沖縄大会)』に参加して来ました

正式には、
 『九州地区特別支援学校知的障害教育校PTA連合会
  平成26年度 理事会・研究協議会(沖縄大会)』
です。

※因みに今回の記事は長いです…(^^;

下線部にはリンクが貼ってあります。

このイベントは、毎年九州各県持ち回りで開催されており、
今年は沖縄での開催でした。
(昨年の鹿児島での全国大会は、九州大会も兼ねての開催でした)

大会の要項は以下の通りです。

◆大会主題:自立支援からみえる豊かな未来
       ~こどもたちの想いを育む意思決定支援~

◆趣旨  :個性豊かな私達の子供達は、一人一人様々な考え方を持っています。
      子供達は障がいの程度に関わらず、たとえ伝わりにくくとも必ず
      存在する個人としての意思があります。その本人の意思を育て、
      考え方や価値観を広げていくこと、その意思を家族・学校・地域など
      周りの支援者が相互に理解して行くことが、豊かな未来へ繋がるものと
      思います。
      今回の沖縄大会では、県内で取り組んでいる事案から、直接的・間接的
      な意思決定支援の在り方に焦点をあて、九州の皆様へ情報を共有する
      機会にしたいと考えています。

◆会場  :那覇市ぶんかテンブス館(理事会・協議会)
      かりゆしアーバンリゾート那覇(懇親会)
◆日程
  第1日<6/5(木)>
   理事会
   開会行事
   研究協議(発表内容)
    ①タブレット端末による意思表現支援
    ②福祉サービス事業所合同説明会
    ③自力通学の支援(意思実現支援)
   懇親会
  第2日<6/6(金)>
   講演会
    就労現場における意思決定支援
   閉会行事


このような県外の大会への参加は、
一昨年度の佐賀大会(九州大会)、昨年度の鹿児島大会(全国大会)に続き
3回目です。
今回は会場が離島の沖縄という事もあり、参加者は若干少なめではありましたが、
それでも大いに盛り上がった大会となり、
各県のPTAの皆様のPTA活動への熱心さが伺えました。

2日間の様子をご紹介します。

--------------------------------------------------------
■1日目

●沖縄へ

JR、地下鉄、飛行機を乗り継ぎ、那覇空港へ到着

※JR(松橋駅→熊本駅→博多駅)
 地下鉄(博多駅→博多空港)
 飛行機(博多空港→那覇空港)


001_DSC_0471_blog2.jpg


研修会開始まで時間があったので、
ゆいレール(モノレール)を早めに降りて、
国際通りを散策
002_DSCF2296_blog.jpg


そして、会場へ到着。
003_DSCF2312_blog.jpg


●開会行事
004_DSCF2324_blog.jpg


●研究協議

今回の研究協議のテーマは「意思決定支援」で、
 1)「意思表現」支援 … ことばのかわりに伝える
 2)「意思形成」支援 … 何をやりたいのか明確にする
 3)「意思実現」支援 … やりたい気持ちを実現する
の3つ支援について発表がありました。


①タブレット端末による意思表現支援
005_DSCF2334_blog.jpg

 気管切開を行い、カニューレを装着していることで発生する事が出来ないお子様が
 タブレットを用いて、自分の意思を表現できるようになった取組を紹介。
 ○学校での様子や、校外で買い物に置く様子をVTRを交えながら紹介。

②福祉サービス事業所合同説明会(意思形成支援)
006_DSCF2341_blog.jpg

 以下を目的として、福祉サービス事業所合同説明会を開催した取組を紹介。
 ○保護者がより多くの事業所の情報や考え方を知る事で、進路の選択肢を
  増やしスムーズな進路決定へ繋げるものとし、保護者の時間的精神的負担を
  軽減する。
 ○事業所においても、多くの保護者へ事業所の考え方や活動内容・支援体制を
  紹介する事が出来、保護者と直接話し合い意見交換することで、事業所を
  より身近に感じてもらうことができる。
 ○短時間で多くの事業所を知る、短時間で多数の保護者にアピールできるなど、
  合同説明会は双方のニーズに合致するもにとなる。

1つの研究発表後、次の研究発表が始まるまでの間は休憩時間となり、その間は、
会場に展示してある、各支援学校の紹介や制作した作品を見たりしました。
007_DSCF2361_blog.jpg

008_DSCF2364_blog.jpg


③自力通学の支援(意思実現支援)
009_DSCF2366_blog.jpg

高校入学を機に、自力通学(徒歩&バス)に取り組んだ事例を紹介。


ここで、1日目の研修会は終了。
この後、懇親会会場へ移動


●懇親会

受付では、沖縄の民族衣装を着た皆様(保護者)がお出迎え
010_DSCF2393_blog.jpg


懇親会会場の様子
011_DSCF2386_blog.jpg


テーブルでは、支援学校の生徒さんが作成した「シーサー」がお出迎え
012_DSC_0488_blog.jpg


席に着いた時、懇親会開始にはまだ時間があったのですが、
同席の校長先生がビールをコップに注がれました
僕がビックリしていると「沖縄式ですから気にしないで」と一言。
周りを見てみると、皆さん飲んでいらっしゃいました

開始時間になり、懇親会スタート。

オープニングはかぎやで風(かじゃでぃふぅ)』の演舞。
舞われていらっしゃるのは、保護者の皆様です。
013_DSC_0493_blog.jpg

※かぎやで風(かじゃでぃふぅ):
  国家の繁栄を願い祝賀を表現し、子孫繁栄と長寿を喜ぶ歌。
  琉球王の御前で歌い舞われていたことから
  「御前風(ぐじんふぅ)」とも言われ、最も高貴で格調が高く、
  年初めの元旦や式典の一番目に舞われる歌。


次にアトラクションとしてマミドーマ(八重山民謡)』の披露。
踊っていらっしゃるのは『沖知P連 Teacher's』とのことなので、
皆さん、先生のようです。
014_DSCF2413_blog.jpg

※マミドーマ(八重山民謡):
  五穀豊穣を祝う農民の躍動的な姿を舞踊化した祝い歌。
  鎌・鍬・ヘラを持ち、軽快でユーモラスな動きで、八重山地方を
  代表する集団舞踊。働く女性を讃える踊りとされる。


勿論、食事も美味しく頂きました
015_DSCF2424_blog.jpg


この後『各県紹介』があり、九州各県毎のPRがありました。

長崎の皆さんはがんばらんば体操を披露。
016_DSCF2422_blog.jpg


沖縄の皆さんは、歌を2曲演奏
安里屋ユンタ~九知P沖縄大会の歌~ 』
島人(しまんちゅ)ぬ宝
017_DSC_0495_blog.jpg

『安里屋ユンタ』については、今回用に替え歌を作られたようです。

僕たち熊本からの参加メンバーは、九州大会が来年熊本で開催されることもあり、
「今年の沖縄大会に負けないような大会にするので、是非着て頂きたい」との
熱いメッセージを送りました

そんなこんなで終了の時を迎え(予定より約1時間オーバー)ました。

懇親会の最後は、全員で『カチャーシー』を踊って終了。
018_DSCF2437_blog.jpg

※カチャーシー:
  掻き混ぜるという意味で、沖縄の手踊り、または三線の早弾きの曲もいう。
  祭りや結婚式など祝い事の最後に、参加者全員でカチャーシーを踊り、
  皆で喜びを分かち合う。


このように、沖縄の皆様の温かさが伝わる、楽しい懇親会でした

--------------------------------------------------------
■2日目

●講演会

就労支援センター「ちいろば」所長の石垣晴美様による講演がありました。
テーマは『就労現場における意思決定支援 ~貴方は人生の主人公です~』。
101_DSCF2441_blog.jpg

主な内容は以下の通りです。

1.意思決定に関する知的障害の特性
2.意思決定支援における様々な場面
3.意思決定を導くためのアプローチ
4.自己決定が制限される場合と、失敗体験への配慮
5.やむをえず「代行決定」する場合のポイント
6.情報提供のための知識・スキルの習得・(情報提供)技術
7.「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」
<おわりに>


実際の就労現場での実例を交えながら、貴重なお話を聞かせて頂きました。

●閉会行事

全研修終了後、閉会行事。

沖縄県知P連会長は、ホッとした表情で最後の挨拶をされていたことが印象的でした。
この2日間のために、色々とご苦労があったことが想像できました。

この後、来年度の九州大会開催県である熊本県知P連会長から、
来年へ向けての挨拶があり、僕たち熊本からの参加メンバーも一緒に、
「熊本に来てはいよ(来て下さい)!」と参加のお願いをして、
2日間の日程を終了しました
102_DSCF2448_blog.jpg



●首里城へ

この後は帰るだけなのですが、
予約している飛行機の時間まで少し時間があったため、
首里城を見学する事にしました。

熊本の他校のメンバーは、僕より早めの便だったのですが、
1人だけ僕とほぼ同じ時刻の便の会長さんがいらっしゃったので、
その方と一緒に行くことにしました。

ゆいレールで首里駅へ移動後、
徒歩で首里城へ。

途中に、いかにも沖縄らしいお店があったのでパチリ。
103_DSCF2455_blog2.jpg


15分ほど歩くと漸く首里城が見えて来ました。
104_DSCF2462_blog.jpg


「首里城跡(しゅりじょうあと)」は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として
2000年(平成12年)12月に世界遺産登録されています。
105_DSCF2522_blog.jpg

※去る大戦で焼失後、復元された建物や城壁は世界遺産ではありません。

守礼門をくぐり城内に入ると、多くの観光客で賑わっていました。
106_DSCF2468_blog.jpg


首里城からの眺め
107_DSCF2473_blog.jpg


いくつかの門を通って行くと『正殿』が見えて来ました。
108_DSCF2481_blog.jpg

中国風の様式の綺麗な建物です。

正殿の中は、沖縄王朝の歴史などが展示してあり、
場所によって写真撮影可/不可となっていました。

下の写真は『玉座』です。
109_DSCF2489_blog.jpg

いかにも『王の椅子』って感じです。

当時の状況を再現したジオラマも展示してありました。
110_DSCF2504_blog.jpg


城内のトイレの手洗い場は、
シーサーの口から水が出てくるようになっていました。
なかなか楽しませてくれます
111_DSCF2509_blog.jpg


こんな感じで、首里城見学は終了しましたが、
日頃の運動不足がたたり、後半はバテバテでした


●熊本へ

この後、ゆいレールで那覇空港へ移動後、
買い物をし、空港の搭乗口へ行ったところでハプニング。
搭乗する飛行機の到着遅れで、
那覇出発と福岡到着が20分以上遅れたことで、
博多空港~博多駅間の乗り合わせ時間が短くなってしまいました。

ここで僕は、最近にないくらいダッシュで移動し、
発車2分前に、何とか熊本行きの新幹線に間に合い、
予定通りの時間に松橋に到着しました。

--------------------------------------------------------
●おまけ

僕が沖縄で食べた料理をご紹介。(懇親会除く)

1日目昼食:沖縄そば定食
201_DSCF2291_blog.jpg

2日目朝食:バイキング
202_DSC_0504_blog.jpg

2日目昼食:タコライス
203_DSCF2453_blog.jpg

2日目夕食:ちゃんぽんライス
204_DSC_0514_blog.jpg

--------------------------------------------------------

1日目の研究発表会、2日目の講演会、
どちらも大変素晴らしく、とても勉強になる内容で、
また、懇親会も「お・も・て・な・し」の心に溢れた
大変温かいもので、大変充実した2日間でした

※長文を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

記事:じゅんパパ




スポンサーサイト

 療育関係

- 2 Comments

みどり☆そら  

色んな会議・会合で大変でしたね
お疲れ様でした。
しかし懐かしい景色が拝見出来ました
最近は全然沖縄に行けてないですが
以前は毎年行ってました(多いときは年二回とか)
お写真拝見したらまた行きたくなりました
と言うか将来は沖縄に住みたいです(無理っぽいですけどね・・・)

2014/06/09 (Mon) 20:42 | REPLY |   

じゅんパパ  

じゅんパパです。

そらさん、コメントありがとうございます。

>色んな会議・会合で大変でしたね
>お疲れ様でした。

ホント、疲れました。

>しかし懐かしい景色が拝見出来ました
>最近は全然沖縄に行けてないですが
>以前は毎年行ってました(多いときは年二回とか)
>お写真拝見したらまた行きたくなりました
>と言うか将来は沖縄に住みたいです(無理っぽいですけどね・・・)

そうなんですね。
写真が、お役に立てたようで良かったですv-410
それにしても、沖縄お好きなんですね~v-411

2014/06/12 (Thu) 00:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。