スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

久しぶりの受診♪

今日は約二年ぶりに、こども総合療育センターに行き、
主治医の○○ドクターにお会いし色々とお話して来ました♪。
こども総合療育センターは、障害があったり、
障害の疑いがある子どもたちの早期発見・早期療育を目指して、
診断や療育の方向づけを行うことなどが、このセンターの主な業務です。
○○ドクターはこの療育センターに勤務なさっており、
じゅが五歳の時からお世話になっている小児科医です。
主に知的障害や自閉症などの発達障害を専門となさっている先生です。

じゅんをご覧になった○○ドクターが
『大きくなったね~!』と仰ったので、
『パパも大きくなったでしょう』と私が言うと、
『あっ、横に!?』と○○ドクター(笑)。

じゅんの成長ぶりや相談事など話し、家庭教師の沙耶先生が
今現在のじゅんの学力&課題をまとめて下さったプリントもお見せした所、
『沙耶先生凄~い!』と仰り、そのプリントを欲しがられたので、
お渡しして来ました(*^_^*)。

声変わりをした頃から、主に筆談などで意思を伝えるようになり、
言葉で話さなくなった事もご相談しましたが、
『言葉での会話に固執する必要は無いと思います。
むしろこの様に活字の文章で示した方が確実に相手に伝わるし、
本人もその方が楽なのであれば全く構わないと思います。』
との○○ドクターのお言葉に安堵の胸をなでおろしました。

そして
『じゅんぺい君の自閉症に伴うあらゆる症状を変える事は難しい…
学校でも同じでしょうが、就職先でもまずは自閉症の事を理解してもらう必要があります。
様々なハンディを抱えた方が通われる作業所さんならば、
理解して頂けるのではないかと私は思います。』

との○○ドクターのお言葉を受け、
これからも頑張らなければ…と改めて思いました
KIMG1278.jpg







スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。