スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

セミナーで発表しました

今日は、県教育委員会とじゅんちゃんが通っている養護学校主催の特別支援教育セミナーで、 「親の思い~診断とその後の支援~」というテーマでじゅんちゃんに対するこれまでの経験を発表してきました音量
じゅんちゃんの通っている養護学校がこのセミナーの事務局校となっていることもあり、養護学校の先生からの依頼を受けて発表することになったという次第です。
セミナーは、午前中は全体会、午後は4つの分科会に分かれての開催で、対象は主に小中学校や幼稚園の先生方です。

僕が発表した分科会の参加者は80名程で、僕にとってこのような大人数の前での発表は初めての経験でした初心者
 ※以前"Y鹿市に行ってきました"で発表したことをブログでご紹介しましたが、
   この時の対象は保護者で参加者も今回より少数でした。

用意しておいた資料や動画(じゅんちゃんの視覚支援の実践の様子、りさ先生との勉強の様子)を織り交ぜながら、約1時間の発表を行いました。
会場のエアコンの効きが悪く、汗をかきながらの発表となりました困った

発表の中では、鹿児島で親身になって下さった先生ということで、このブログにもコメントを下さる"愛ちゃん先生"や、熊本の幼稚園でお世話になった"まーちゃん先生""ゆうちゃん先生"達の事も、お話してきました。

セミナー終了後、司会をされていた養護学校の先生と話していた時に、1人の参加者の方がお見えになり「会か何かを作って活動なさってるんですか?」との質問をなさったので、僕が「いえいえ、友達を作る度に息子の障害のことを知っていただいているだけです」と答えると、司会をされていた養護学校の先生が「HPを作っていらっしゃいます」と、さりげなく我が家のHPを紹介して下さいましたパソコン
「そうなんですね!是非見させて頂きます!」と言って下さったので、このブログもご覧になっているかもしれません。
この様な感じで、セミナー終了後、個人的に僕の所へお話を聞きに来られた先生が何人かおられました。
セミナーの中でも質疑応答の時間は用意してあったのですが、大勢の前では質問し辛かったのかもしれません。


帰宅してじゅんママと反省会をしました。「ここの部分は削って、これを言えば良かったね」等など…。
今回で二度目の講演会の発表でしたが、三度目の正直で次回こそは完璧を目指したいと思います力こぶ(って次の依頼があるのかどうか…)。
今回このような発表をするに当たって資料を作る中で、「色々な方々の支援があったからこそ今がある」ということを改めて感じました。
今日の発表でもお話しましたが、「支援をして頂くのが当たり前ではなく、支援をして頂いて有難い」という感謝の気持ちを忘れずに、今後も頑張って行きたいと思います力こぶ

記事:じゅんパパ
------------------キリトリ---------はさみ--------
スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。