スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

年末ですね1

クリスマスも終わり、ベランダに設置して楽しんでいたイルミネーションやクリスマスツリーも25日の深夜に撤収し、ホッと一息ついてます笑顔

先日はじゅんちゃんの通っている学校にて三者面談が行われました学校
色々お話したのですが、その中で療育センターの先生に紹介して頂いたコミック会話について提案しました電球
療育センターの先生が仰るには「じゅんちゃんは絵も描けるし、文字も読めるので、(自分の気持ちを上手く伝えることが出来ないときに)コミック会話という方法もあるのでは」と思われたようです。

※コミック会話とは:
  自閉症スペクトラム障害の人に、その障害特性に合わせて
  「ソーシャル(社会的)な情報」を教える方法。
  簡単な描画と色を使って進行中の会話を図示することで情報交換を
  理解しやすくする。(「こんな場面では、相手の人はこんな事を
  考えている」等、自閉症の人が苦手な、コミュニケーションの
  手助けとなる。)
コミュニケーションが苦手なじゅんちゃんにとって、コミュニケーションのツールが増えることはとても重要な事です。これ以外のも、これは有効と思われるものがあれば、少しずつ取り入れて行きたいと思っていますまる

話は変わりますが、(随分前に一度HPにてご紹介した事がありますが)スカパーに加入なさっている方なら無料で見れる『放送大学』(205ch)というチャンネルがありますテレビ。その中では、発達障害についての講義もあり、ご覧になると結構勉強になりますよOK。皆様も一度お試しあれ。

※講義のテーマ:
  発達障害の教育支援法
  発達障害児の心と行動
  番組表
視聴してみたい方はココ←クリック))

記事:じゅんパパ
------------------キリトリ---------はさみ--------
スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。