スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

時計の読み方

じゅんちゃんは、りさ先生とのお勉強でアナログ時計の見方を勉強中ですメモ
そこで、我が家でも(今までもやっていましたが改めて)取り組んでみました力こぶ

デジタル時計の方が一目で時間が分かりますが、アナログ時計の見方も知っておいた方が良いので勉強に取り組んでいます。
アナログ時計のメリットは『残り時間が後どの位か』が視覚的に分かる事です。

我が家での勉強は以下のようにしてみました。
まず、ドリルの問題を解きます。
pa140003n.jpg


次に最近購入した時計の教材を使って、問題を出します。
pa140009n.jpg


※この教材は、○時○分が分かりやすいように、短針/長針それぞれに数字が描かれています。
pa140012n.jpg


じゅんちゃんが回答すると、答え合わせとして、下の赤いレバーを下げるます。
すると、下の写真のように正解が表示されます。
pa140013n.jpg


じゅんちゃんは、ドリルで問題を解く時は○時が自信なさそうでしたが、時計の教材を使った問題では、時計の見方が分かったようで、自信を持って回答していましたまる

この教材を使って正しい時計の見方を覚えてほしいと思います。

記事:じゅんパパ
------------------キリトリ---------はさみ--------
スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。