スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

本の整理をしていたら…

先日本の整理をしていたら、【障害のある子どものための算数・数学】という本に目が留まりました
そうそう!この本買ってた買ってた
PC140001n.jpg


中をパラパラとめくって行くと、お金の計算を学ばせるやり方など色々と載せてありました。
実践しなければ!!
いつも同じ指導だけではなくて、色んな方向からアプローチするのも、刺激があり、より理解が増すかもしれません
PC140002n.jpg


次に目に留まったのが、筆算の部分です。
今、まさに家庭教師の先生とお勉強しているのが筆算なんです。
少しずつですが、理解はしていってくれてるようです。
筆算は二桁の計算など、桁数が増えた場合に簡単に答えを導き出せますから、地道に頑張って出来るようになってくれたらなぁ…と願っている所です。
今度、家庭教師のゆうたろう先生に、この本をお貸ししようと思います
何らかのヒントになるような事例が見つかるかもしれませんしね
やはり、ハンディを抱えた子供にお勉強を教えるには、様々な創意工夫が必要になってきますから、このような本から学び、実践していきたいと思います
PC140004 (2)n
スポンサーサイト

 療育関係

- 4 Comments

ゆうたろう  

No title

家庭教師の東ですv-205

まだ、どういった内容をどう指導すればいいのかなど、わからないことがたくさんあるので、参考にしたいと思います。
ありがとうございます。

それでは、水曜日よろしくお願いします。
まずは、じゅんちゃんに筆算をちゃんと理解してもらえるようにがんばります!

2009/12/15 (Tue) 15:40 | REPLY |   

じゅんママ  

初コメントありがとう♪

ゆうたろう先生~♪コメントありがとうで~す

> 家庭教師の東です
おぉ~!!ゆうたろう先生じゃないですかぁ~e-349
初コメントありがとうございますぅ~e-466

> まだ、どういった内容をどう指導すればいいのかなど、
> わからないことがたくさんあるので、参考にしたいと思います。
> ありがとうございます。

発達障害の事も、そしてじゅんちゃんへの指導も
これから勉強して行くんだという熱意を
ゆうたろう先生からしっかり感じておりますよ~v-424
S先生とも仲良くなられたようで、私もとっても嬉しいですよんv-392

> それでは、水曜日よろしくお願いします。
> まずは、じゅんちゃんに筆算をちゃんと理解してもらえるように
> がんばります!

こちらこそよろしくお願い致しま~すv-352
先生、木家さんのコーヒー飲んでるぅ?(笑)e-93

2009/12/15 (Tue) 21:25 | EDIT | REPLY |   

四季まま  

お久しぶりですm(__)m

こんばんわ
じゅんちゃんとゆうたろう先生頑張っておられるようですねぇ
もちろんママさんもうちの息子は数字の理解は、まぁ年相応だと思いますが、字を書くことが悩みの種です今療育で平仮名の書き方や絵かき歌等を教わっていますが、模倣が苦手で、筆順が毎回バラバラになってしまったり鏡文字になってしまいます(涙)
療育にある、筆順が書いてある大きめのカードを一字ずつ見ながらだと上手に書けるからそういう視覚的な支援が大事なのかなぁと感じているところです
それから毎週療育の先生と交換日記をしていて、それを楽しみに字を覚えようと頑張っています
療育に通ってなかったらそういう支援の方法があるのが分からなかったと思います
これからも子どもにあった支援の方法を探して行きたいです
じゅんちゃんも筆算の壁が乗り越えられますように願っています☆彡

2009/12/17 (Thu) 00:40 | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとうございます♪

四季ままさ~ん♪コメントありがとうです

> じゅんちゃんとゆうたろう先生頑張っておられるようですねぇ
> もちろんママさんも

はい♪じゅんちゃんもゆうたろう先生も頑張ってますよ!。
ゆうたろう先生は、全力投球って感じで
頑張って指導にあたって下さっていますe-420
私達、親の意見も素直に聞き入れて下さり大変有り難く思っていますv-318
いえいえ、私の頑張りなどなんでもありません。
発達障害を抱えた本人が一番辛く、困っているし、
抱えているハンディと上手に向き合い、
生き辛さを少しでも少なくしようと頑張っているんですから。

> 模倣が苦手で、筆順が毎回バラバラになってしまったり
> 鏡文字になってしまいます(涙)

自閉症の子供達は模倣が苦手だと良く聞きますね。
じゅんちゃんも得意な方ではありません。
それと鏡文字を書く事例も良くお聞きします。
私などは器用だなぁ~と思わず感心しちゃうんですけれどv-410
書き順は最初にきちんと教えた方がやはり良いですね。
うちのじゅんちゃんも自己流で身に付けたものは、
なかなか修正出来ませんe-263

> 療育にある、筆順が書いてある大きめのカードを
> 一字ずつ見ながらだと上手に書けるから
> そういう視覚的な支援が大事なのかなぁと感じているところです

自閉症の方々は視覚的に優位という特性があるようですので
それを活かし、様々な指導にあたるのが、療育センターでも
行っているし我が家が学んできた療育法【TEACCH】です。
知的障害が無く大学にも通っているアスペルガーの方も
『僕はこの方が良く分かるから』と言い、自分で写真を撮り、それを絵カードにし、絵カードを利用したスケジュールを自分で立てて日常を過ごしていらっしゃるとなべなべ先生(療育の先生)からお聞きました。
ですから視覚支援は、お子さんの機能(知的な遅れがある無しなど)が低い高いは問わないものなんですね。
『本人が一番分かりやすい手立てを使えばそれで良い』となべなべ先生がおっしゃっていましたよ。

> じゅんちゃんも筆算の壁が乗り越えられますように願っています
ありがとうございます。
筆算そのものが出来るようになるのも大切ですが、
それを実生活に活かし、じゅんちゃんがなるべく自立した生活を送れるようになるのが最終目標ですv-352
頑張ります。

2009/12/17 (Thu) 09:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。