スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

今年も終戦記念日が過ぎました

先日65回目となる終戦の日を迎えました。
私の両親は結婚自体が遅かったので、
親子とはいえ娘の私とはかなり年齢差があります。
父が終戦当時13歳で母が15歳…。
多感な時期に戦争を体験しています。
それは忘れようとしても忘れられない記憶……。
人が目の前で死んでゆく…
家族が次々と戦場に送られる…。

私の実家のある鹿児島県出水市には、
かつて海軍航空隊の基地がありました。
元々はパイロットを育成する為の学校だったのですが、
戦況が逼迫するにつれ、最前線の特攻基地となってしまいました。
勤労奉仕の名の元に勉学はそっちのけで、
飛行場の滑走路作りなどに駆り出されていた父。
そんな中で特攻隊員の方々との交流も生まれたようです。
『隊員のお兄ちゃん達はみんな良い人ばかりだったよ。』と父。

父には姉もいました。私にとっては伯母ですね。
この伯母は女優の原日出子さん似の美人さんで、この伯母を目当てに(笑)
休日に良く父の家に隊員さん達がいらっしゃっていたとか。
そんな身近な隊員さん達が出水基地から次々と出撃して行ったんです。
父達は出撃のお見送りも経験したようで
『あのお兄ちゃん達はもう帰って来る事は無いんだな…』
幼心に分かっていたと父が言ってました。

そんな辛い思い出を胸に、今では公園となった基地跡に
建てられている特攻碑に家族でお参りに行って来ました。
生け花の先生でもあった母が
『隊員さん達は皆お若い方ばかりだから、華やかなお花を供えましょう』
色鮮やかな花をお供えして来ました。
DSC01000n.jpg


そしてもう1つ我が家にとって特別な日…
終戦記念日の前に迎えた広島の原爆投下の日。
父の兄は職業軍人で、原爆投下の一週間前に広島の部隊に転属になり
被爆し亡くなりました。
28歳でした。
『兄貴にとって広島への転属は死出の旅だったんだな…』
と父が呟いていました。
原爆投下の瞬間の再現動画を見つけました。
お時間が許せばご覧下さい。
如何に強烈な衝撃だったかが伝わると思います。
【広島原爆投下】←クリック))

ある日、本当に偶然に下のポスターを目にした私。
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が、
原爆の犠牲になった方の遺影を求めて作られたポスターです。
私はこのポスターを見て、いてもたってもいられなくなり、
父に代わりすぐに"伯父の遺影"と
"『広島で被爆死』と書かれている戸籍抄本のコピー"を
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に送りました。
後日、確かに受け取りましたと連絡を頂いた時、
『あぁ…これで伯父が生きていた証が残る…』という想いで
何と言うか安堵の気持ちが湧き起こったのを覚えています。
ここ国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の遺影コーナーでは
大型ディスプレイ12台を使って、ご遺族から寄せられたご遺影と
お名前を順次映し出しているそうです。
私が送った伯父の遺影と名前も映し出されているはず……。
いつか…いえ、なるべく近い内に行ってみたいと思っています。
invite_poster.jpg

最後に、伯父が広島の部隊に転属する前に
戦地から妹宛てに送った軍事郵便をご紹介します。
何せ65年以上前のものですから、万年筆で書かれている文字もかすれ
判読不明の部分もあります。
表に印刷されている女性は通称「でこちゃん」と呼ばれていた
女優の高峰秀子さんです。
あの当時のアイドルだったようです(笑)。
でも、「でこちゃん」を知っているのは、
じゅんパパと「メタボ」「逆流性食道炎」「恐妻家」仲間の
俊さんくらいでしょうか(笑)。
20100818n.jpg

ハガキには…
『雪江ちゃんその後お変り御座いませんか?
 お伺い致します。
 戦地の兄さんも元気で奮闘致しておりますので
 ご安心下さい。
 雪江ちゃん、内地で変わったニュースでも有りましたら
 お知らせください。兄さんは、故郷の便りを
 鶴の首のように長くして待っております。
 ご両親様にもくれぐれも四六四九(よろしく)お伝え下さい』

と書いてあり、残して来た家族を想う気持ちが伝わってきます。

「もう二度と悲しみしか残さない戦争をしてはならない」
という事を、このように両親の思い出話から教わったじゅんママです。

■国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
スポンサーサイト

 懐かしい

- 14 Comments

木家珈琲倶楽部のマスターです!  

動画・・・

観ました。

すごいですね・・・。

痛ましい・・・と簡単に言ってはいけないような気になりました。

核は絶対に作らない・作らせない・もちろん使わない・・・このメッセージは日本人の使命なんでしょうね!

2010/08/19 (Thu) 10:55 | EDIT | REPLY |   

yumi-mama  

No title

私の誕生日が長崎原爆記念日なので・・
今は亡きじぃちゃんが被爆者の生まれ変わりかもしれない・・
しっかり強く生きろ!!
と言われていました。。
65年も経つんですよね。。
本当に・・二度と繰り返してはいけない・・
私も誕生日には毎年しっかり生きなくては・・と
そう思うのです!!!

2010/08/19 (Thu) 11:33 | REPLY |   

店チョです。  

No title

原爆、被爆国の日本。

やはり忘れてはいけないと、改めて思いました。

動画も、、、!
観ました。。。本当に怖い!!!!の一言です。

戦争はしちゃーいかん!

2010/08/19 (Thu) 11:56 | EDIT | REPLY |   

俊です  

ワシは何歳じゃ?

我々の世代で「でこちゃん」と言えば喜多嶋舞のおっかさん、内藤洋子さんでしょう~v-237?ルンナ♪ルンナ♪て少々調子をわざと外して?歌ってましたv-264

原爆投下の正当性をいまだに主張するアメリカ人が多いのには驚くばかり。しかし、こういう結果を招いた日本に二度と戻ってはいけませんね。

2010/08/19 (Thu) 15:19 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

木家マス~♪コメントありがとうで~す

> 動画・・・観ました。
> すごいですね・・・。
> 痛ましい・・・と簡単に言ってはいけないような気になりました。

見て頂いたんですね!。
有り難うございますe-466
本当に……原爆の威力は凄まじく、
一瞬で多くの人達の命を飲みこんでしまったんですね。

> 核は絶対に作らない・作らせない・もちろん使わない・・・
> このメッセージは日本人の使命なんでしょうね!

私は中学生の時の修学旅行先が広島だったんです。
肉親を原爆で亡くしている私にとって、原爆資料館の見学は
胸が張り裂ける思いでした。
バスガイドさんが【原爆許すまじ】という曲を歌われたのが、
今でも忘れられません。
http://www.youtube.com/watch?v=zq9pXGShrHk&feature=search

2010/08/19 (Thu) 20:49 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

yumi-mama~♪コメントありがとうで~す

> 私の誕生日が長崎原爆記念日なので・・
そうなんですね!。
きっと…そうよ…ご縁があるんですよ。

> 今は亡きじぃちゃんが被爆者の生まれ変わりかもしれない・・
> しっかり強く生きろ!!
> と言われていました。。

素晴らしい事を言われて来たんですね。
私もじゅんちゃんの障害の事など、
何度も何度も"死"の誘惑にかられた事がありますが、
その度に伯父の事を思い出し『隼兵の笑顔を見ろ!俺は生きたくても生きれなかった…。だから隼兵を俺だと思って頑張って育ててくれ。』と言われているような気がしてました。

> 65年も経つんですよね。。
> 本当に・・二度と繰り返してはいけない・・
> 私も誕生日には毎年しっかり生きなくては・・と
> そう思うのです!!!

時が過ぎ去るのは早いものですね…。
父達のように実際に戦争を体験した方が
年々減ってきてしまって…。
戦後世代の私達1人1人がしっかりと戦争の悲惨さを
受け継いでいかなければなりませんね。

2010/08/19 (Thu) 21:00 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

店チョさ~ん♪コメントありがとうで~す

> 原爆、被爆国の日本。
> やはり忘れてはいけないと、改めて思いました。

そうですよね!日本だけですものね、
原爆を受けたのは……。
広島の原爆資料館には『未来の鍵は過去にある』と
書かれた文字が飾られていました。

> 動画も、、、!
> 観ました。。。本当に怖い!!!!の一言です。

見て下さり有り難うございますぅe-466
原爆の強烈な威力で瞬時に亡くなった方だけではなく、
生き延びた方も火傷と目には見えない放射能で
苦しんでらっしゃいますものね。

> 戦争はしちゃーいかん!
本当に本当にそうですね。
出水で空襲が始まり、父達は防空壕に避難していて、
近くで爆弾が破裂。
間一髪何とか助かった…と思った瞬間、隣にいたおばさんが頭半分吹っ飛んだ状態で死んでいたそうです。
爆弾が破裂した時、何かの破片が飛んで来て、おばさんに当たったんだそう…。
その時改めて『ここも戦場なんだ』と痛感させられた…と父が言ってました。

2010/08/19 (Thu) 21:16 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

俊さ~ん♪コメントありがとうで~す

> ワシは何歳じゃ?
えっ!?、
だって東條英機や石原莞爾と同世代でしょ~(笑)v-397

> 我々の世代で「でこちゃん」と言えば喜多嶋舞のおっかさん
> 内藤洋子さんでしょう~?ルンナ♪ルンナ♪て
> 少々調子をわざと外して?歌ってました

アハハ♪何だかとっても楽しそうv-411
俊さん内藤洋子さんのファンだったの?e-266

> 原爆投下の正当性をいまだに主張する
> アメリカ人が多いのには驚くばかり。

そうですね……。
立場が違えば…って事もあるのかな…。

> しかし、こういう結果を招いた日本に
> 二度と戻ってはいけませんね。

これは本当に切に思います。
俊さん、井上隆一…じゃなくて(笑)、
『井上成美』という海軍大将をご存知ですか?。
歴史好きの俊さんだからご存知かもしれませんね♪。
戦争一色に突き進んだ日本の中でも、冷静に相手(アメリカ)と日本を分析して戦争反対、戦争早期終焉を強く訴えた方です。
あの真珠湾攻撃成功の時もただ1人『何て事してくれたんだ!』と激怒されたとか。
終戦工作にも奔走、当時大臣だった米内光政に『手ぬるい!早く!1日延ばせば何千何万と人が死んでいく』とおっしゃったそう。
あの時の日本の軍人の中では珍しく先見の明があった方なんですね。
井上成美さんのような方が多くいれば日本も違った道を進んだかもしれませんね。

2010/08/19 (Thu) 21:34 | EDIT | REPLY |   

Azul マキ  

ようやく…

時間ができたのでゆっくりブログ見ました。

もちろん動画も…。

中央の温度がそんなに高かったなんて初めて知った・・・。

そんなもの人間の上に落としたらいかん!!

機長さんは以前からテレビで拝見してましたが、この映像の機長さん。少し発言が変わっていました。

前は「戦争を終わらせる為にやった素晴らしい事!」と言っていたけど、
日本側から沢山取材が着たんでしょうね。

「言ってもわからないと思うけど」と言っていたのに、日本側はそう思って無いんだということ少しはわかってくれてるんじゃないかしら・・・と思いました。

この時期になると生き残った方たちがテレビに出て色々話してくれる。
私達はまだそういう方の声を直に聞くことが出来るけど、じゅんちゃんや蒼唯が大きくなる頃にはもうそういう方も残って無いでしょうね。

私は、私達の子供が大きくなって子供達の時代になったらそれをわからない人が増えてまた・・・って思っちゃったりもするんだよね。

そのためにも私達が沢山色んな情報を見て、戦争の恐ろしさ、原爆の悲惨さ、これを下に伝えていかなくちゃいけないんだって思う。

原爆を受けた唯一の国、日本に住む人間としてやらなくちゃいけないんだろうなって。

私の曾じいちゃんも空軍のパイロットだったの。
私が小学校の時は、ちょっとボケてて母さんに毎回同じ話をしてた。
写真を持ってきて、色んな話…。

その当時は興味なかったけど、いきてるうちにもっともっと話を聞いておけばよかったって・・・今更後悔だよ。

この時期になると戦争の本が図書館に沢山出るんだ。
蒼唯の本を借りてる最中に私が広島の本を読んで…。

もう少し大きくなって話がわかるようになったら、沢山戦争のお話をしてあげたいなって思います。

今も戦争ドラマなんかみると「これ何してるの?」って聞かれるから
「戦争だよ。これは絶対しちゃいけない。何も生まれないもん」とこれだけは言っています。

2010/08/19 (Thu) 22:55 | EDIT | REPLY |   

青空♪  

ほんとうに

戦争は二度と起こしてはいけないと思います。
でも、今の平和ボケしている日本も、少し問題なのかと…。

私の母親も戦争体験者です。
まだ幼かったのですが、実家の北九州(八幡製鉄所)が空襲の的であったため、田舎に逃げたこと…。
家が焼けたこと…。
空爆の空が、まるで花火の様にキレイだった…。
よく覚えているそうです。
息子にも、戦争中の苦労話をよく話してくれます。

2010/08/19 (Thu) 23:10 | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

マキちゃ~ん♪コメントありがとうで~す

> 時間ができたのでゆっくりブログ見ました。
> もちろん動画も…。
> 中央の温度がそんなに高かったなんて初めて知った・・・。
> そんなもの人間の上に落としたらいかん!!

私もこんなに高温だったとは知りませんでした。
太陽の表面より熱いなんて…。
想像しただけで涙が出てきてしまう…。

> 機長さんは以前からテレビで拝見してましたが、
> この映像の機長さん。少し発言が変わっていました。
> 前は「戦争を終わらせる為にやった素晴らしい事!」と
> 言っていたけど、
> 日本側から沢山取材が着たんでしょうね。
> 「言ってもわからないと思うけど」と言っていたのに、
> 日本側はそう思って無いんだということ
> 少しはわかってくれてるんじゃないかしら・・・と思いました。

65年間の中で、機長自身も
色々と考える事もあったんだろうね。

> この時期になると生き残った方たちがテレビに出て
> 色々話してくれる。
> 私達はまだそういう方の声を直に聞くことが出来るけど、
> じゅんちゃんや蒼唯が大きくなる頃には
> もうそういう方も残って無いでしょうね。
> 私は、私達の子供が大きくなって子供達の時代になったら
> それをわからない人が増えてまた・・・って
> 思っちゃったりもするんだよね。
> そのためにも私達が沢山色んな情報を見て、
> 戦争の恐ろしさ、原爆の悲惨さ、
> これを下に伝えていかなくちゃいけないんだって思う。
> 原爆を受けた唯一の国、日本に住む人間として
> やらなくちゃいけないんだろうなって。

そうだね。
体験者の方々の経験を無駄にしない為にも
私達が伝えて行かないといけないよね。

> 私の曾じいちゃんも空軍のパイロットだったの。
> 私が小学校の時は、ちょっとボケてて母さんに毎回同じ話をしてた。
> 写真を持ってきて、色んな話…。
> その当時は興味なかったけど、いきてるうちにもっともっと
> 話を聞いておけばよかったって・・・今更後悔だよ。

そうだったんだね。
私の両親と同じで、それだけ曾じいちゃんの中で
あの戦争体験が強烈な記憶として
残っていらっしゃったのかもしれないね。

> この時期になると戦争の本が図書館に沢山出るんだ。
> 蒼唯の本を借りてる最中に私が広島の本を読んで…。
> もう少し大きくなって話がわかるようになったら、
> 沢山戦争のお話をしてあげたいなって思います。
> 今も戦争ドラマなんかみると「これ何してるの?」って聞かれるから
> 「戦争だよ。これは絶対しちゃいけない。何も生まれないもん」
> とこれだけは言っています。

確かにこの時期は戦争関連の本や番組が増えるよね。
マキちゃんみたいに、家族でたくさんあの戦争の話をして欲しいと思います。
『未来の鍵は過去にある』……
そう、もう二度と戦争を繰り返さない為にも。

2010/08/20 (Fri) 03:30 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

青空さ~ん♪コメントありがとうで~す

> 戦争は二度と起こしてはいけないと思います。
> でも、今の平和ボケしている日本も、少し問題なのかと…。

確かにおっしゃる通りですね。
平和が当たり前になって来ているけれど、
本当はそうではない…平和を守って行くという意識が
私達1人1人に必要なのではないか…そう思います。

> 私の母親も戦争体験者です。
> まだ幼かったのですが、実家の北九州(八幡製鉄所)が
> 空襲の的であったため、田舎に逃げたこと…。
> 家が焼けたこと…。
> 空爆の空が、まるで花火の様にキレイだった…。
> よく覚えているそうです。

お母様も体験されて来られたんですね。
やはり忘れようにも忘れられない記憶なんでしょうね。

> 息子にも、戦争中の苦労話をよく話してくれます。
戦争体験者であるお母様の貴重なお話を聞ける息子さん。
きっと命の尊さ平和の尊さを学んで来られたんでしょうね。

2010/08/20 (Fri) 03:32 | EDIT | REPLY |   

たにやん  

No title

私の父も長崎で被爆しました。奇跡的に何とか助かったようです。あの頃の状況を長崎の修学旅行に行く時話してくれました。凄い惨状だったそうです。現在89歳になります。私が20代の頃撮影で長崎に行った時原爆の遺構を見てきました。片足鳥居や原爆で焼かれた樹木とかですが。そういった遺構を永久に残して貰いたいですね。

2010/08/22 (Sun) 09:28 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

たにやんさ~ん♪コメントありがとうで~す

> 私の父も長崎で被爆しました。
> 奇跡的に何とか助かったようです。

そうでしたね。
以前お父様も被爆されたとコメントに書いて下さったのを
覚えていました。

> あの頃の状況を長崎の修学旅行に行く時話してくれました。
> 凄い惨状だったそうです。現在89歳になります。

私もです!。
広島へ修学旅行に行く時に『俺の分まで、しっかり見て来て。そして手を合わせて来てくれ』と父から言われました。
89歳になられるんですね。
これからもお元気で過ごされる事をお祈りしております。

> 私が20代の頃撮影で長崎に行った時原爆の遺構を見てきました。
> 片足鳥居や原爆で焼かれた樹木とかですが。
> そういった遺構を永久に残して貰いたいですね。

そうそう!片足の鳥居ありますね。
そうですね。年々風化しつつありますが、
何とか後世に残して頂きたいですね。

2010/08/23 (Mon) 15:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。