スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

月光の夏

映画【月光の夏】…。
私にとって特別な映画です。
戦死した伯父達の事や、実家近くにあったという
海軍航空隊の基地から出撃していった隊員の方々の事などを両親から聞き
『あの戦争の事をもっと知りたい』と思い始め、
自分なりに調べていくうちに様々な反戦映画も見てみましたが、
この【月光の夏】が一番色んな意味で考えさせらる素晴らしい映画だと思います。
それに…父と一緒に見に行った映画という事で、
私にとっては特別思い入れがあります。

太平洋戦争末期の夏、九州の鳥栖国民学校に陸軍の二人の特攻隊員がやって来た。
その一人が、今生の思い出にグランドピアノでベートーヴェンのピアノソナタ第14番「月光」を弾き、去っていった…


月光を弾いた特攻隊員、海野少尉は音楽学校で音楽を学び、 音楽家を目指していました。
楽譜をめくった風間少尉は師範学校で学び音楽教師を夢見ていました。
しかし、時代はそんな二人の夢を打ち砕いていきます。
学徒動員兵という制度により、学業半ばで軍に召集されました。
男性が音楽を学んでいる…それだけでも軍の中では『甘ったれている』と捉えられてしまいます。

海野少尉がピアノを弾く時、楽譜をめくった同志の風間少尉。
海野少尉と一緒に特攻出撃しましたが、戦闘機のエンジンの不調でやむなく基地に引き返します。
そんな風間少尉を待ち受けていたのは、容赦ない上官の蔑みでした。
『命が惜しくなって帰って来たんだろう』と…。
同志の海野少尉は戦死…風間少尉は次の出撃を待っている間に終戦を迎えます。
生き延びたのにもかかわらず、『自分だけが生き残ってしまった…』とその後の人生を苦しみながら過ごす風間少尉。

時は流れ、ある出来事がきっかけで、再びあのグランドピアノと再会する風間少尉。
数十年前のあの日の全てを見ていたピアノ……。
そのピアノで海野少尉が弾いた月光を、年を重ねた風間少尉が再び奏でます。
あの日、出撃して行った仲間達の事を思い浮かべながら……。


この映画に登場する海野少尉達は国の政策によって、
自分の努力ではどうする事も出来ない壁が立ちふさがり、
夢を…いえ、人生そのものを犠牲にするしかなかったのです。

この映画を見ると、忘れたくない…忘れるわけにはいかない
あの戦争に思いを馳せてしまいます。

お時間が許せば、下記の動画をクリックして見て下さいね

追記:この映画に出演している若村麻由美さんを見たじゅんちゃんが
『可愛い~♪キュート!』って言ったのを聞いて、
じゅんパパと私、『おやおや!?』と思わずハモってしまいました(笑)。
どうやら、若村麻由美さんじゅんちゃんの好みらしいです









スポンサーサイト

 歴史

- 6 Comments

木家マス  

な、なに!

じゅんちゃん、若村麻由美しゃんを好きなの?
僕は、吉瀬美智子しゃんと若村麻由美しゃんが大好きなのに・・・。

強力なライバルが出現してしまった・・・。


じゅんちゃんが他の女性に目を向けるようにしむけなきゃ~!

じゅんちゃ~ん!この人達の方がカワイイよ~!


ほらっ、もたいまさこちゃんでしょ!片桐はいりちゃんだよ~!

2010/11/13 (Sat) 17:55 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ん…???

木家マス~♪コメントありがとうで~す

> じゅんちゃん、若村麻由美しゃんを好きなの?
> 僕は、吉瀬美智子しゃんと若村麻由美しゃんが大好きなのに・・・。 > 強力なライバルが出現してしまった・・・。

ん…?
木家マスが若村麻由美さん好きだなんて
初耳なんですけど~v-405
木家マスってば、綺麗どころだったら誰でも良いんじゃ~~~v-397

> じゅんちゃんが他の女性に目を向けるようにしむけなきゃ~!
> じゅんちゃ~ん!この人達の方がカワイイよ~!
> ほらっ、もたいまさこちゃんでしょ!片桐はいりちゃんだよ~!

いやいや~、木家マスが他の女性に目を向けなきゃ~。
ほらっ、密林の女王とか~e-273e-266(笑)。

2010/11/14 (Sun) 00:03 | EDIT | REPLY |   

名もない男  

感動!

月光の夏
初めて拝見致しました。
こんなに素晴らしい映画があったのですね。

それにしましても
じゅんママさんの平和への純粋な思いには敬服するばかりです。
きっと素敵な女性であられるんでしょうね。

2010/11/15 (Mon) 01:18 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとうございます♪

名もない男さ~ん♪コメントありがとうで~す

> 月光の夏
> 初めて拝見致しました。
> こんなに素晴らしい映画があったのですね。

ご覧下さりありがとうございました!。
派手な戦闘シーンなど一切ありませんし、
どちらかというと地味な映画ですが、
それでも戦争の理不尽さと虚しさ、命の尊さが
強く伝わる素晴らしい映画だと思いますv-318

> それにしましても
> じゅんママさんの平和への純粋な思いには敬服するばかりです。

私の両親は戦争体験者で、ほぼ毎日のように戦争の思い出話を
聞かせてくれました。
両親から話を聞き、その後アメリカ軍が記録していたドキュメンタリー映像や写真を見ましたが、その時の衝撃は忘れる事が出来ません。
『あぁ…これが父と母が言っていた戦争というものか』と非常にショックを受けました。
それからです。1人でも多くの方々に知ってほしい…忘れないで欲しいと願うようになったのは…。

> きっと素敵な女性であられるんでしょうね。
いえいえ~~~
平平凡凡な主婦でございま~すv-411

2010/11/15 (Mon) 16:43 | EDIT | REPLY |   

てんしの森  

まだ見てないけど。。。

じゅんママの記事を読んで既に感動してしまいましたv-409
是非時間をとって観たいと思いました。
時折じゅんママが聖母マリア様に見えるのは、大きな心で平和を願う純粋な心が垣間見えるからなのかもv-343

私もじゅんちゃんにいつか「キュートv-347」って言ってもらえるように、かわいい女の子を目指さなきゃv-415
あ!おばさんには興味ないかv-393

2010/11/15 (Mon) 17:17 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

てん森ちゃ~ん♪コメントありがとうで~す

> じゅんママの記事を読んで既に感動してしまいました
> 是非時間をとって観たいと思いました。
> 時折じゅんママが聖母マリア様に見えるのは、
> 大きな心で平和を願う純粋な心が垣間見えるからなのかも

ありがとう♪てん森ちゃんv-318
実際に特攻隊の方々と接した事のある父の言葉は
どれも重みがあります…。
『お前は故郷に居る俺の弟に似てるなぁ…』と呟きながら
少年だった父の頭を撫でてくれた特攻隊員のお兄さん…。
そのお兄さん達の出撃を見送らなければならなかった父。
忘れる事などとても出来なかったようです。

> 私もじゅんちゃんにいつか「キュート」って言ってもらえるように、
> かわいい女の子を目指さなきゃ
> あ!おばさんには興味ないか

てん森ちゃんは若村麻由美さんに負けない位
可愛くてキュートよんv-10
ねぇ~、ケンシロウ・シェフ~~~v-91(笑)。

2010/11/15 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。