スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

戸部先生ありがとう

漫画【光とともに】…
この本でどれだけの自閉症児の親御さんが救われた事でしょう。
この本は"戸部けいこ先生"が多くの自閉症の子供を抱える親、施設関係の方々に
取材を重ねて描かれたものです。
自閉症児を抱える家族の物語で、私達親の立場で読めば
主人公の光くんがじゅんちゃんに…光くんのお母さんが自分と重なり、
涙なしに読めない所もたくさんあります。
また【光とともに】は家族以外の方々への自閉症の啓発に
多大なる功績を残した漫画とも言えます。
文字だけが羅列している本とは違い、絵が豊富な漫画ですので
読む方も読みやすく分かりやすいですし、
読んで欲しい方(学校の先生や親族)にも薦めやすいんです。
それに篠原涼子さん主演でドラマ化もされ、本を読んだ事がない方も
TVにて【光とともに】にを知り、自閉症という障害に
触れるきっかけになりました
DSC02117n.jpg

※下の2枚の写真はクリックすると拡大表示でご覧になれます。
DSC02119n.jpg

DSC02123n.jpg

まだまだ続くと思われていたんですが、作家の戸部けいこ先生が
2010年(平成22年)1月28日にお亡くなりになってしまわれました。

下の写真は最終巻(15巻)の1ページです。
「ネーム」(ペン入れ前の構想ノート)を掲載されたものです。
戸部先生が病床で練られたものだそうで、このページを見ると
先生の『光とともに…』への想いが伝わってきます。
※下の写真はクリックすると拡大表示でご覧になれます。
DSC02118n.jpg

戸部先生の『光とともに』は未完の遺作となりましたが、
これからもずっと自閉症児の家族の想いを伝える希望の『光』となって
輝き続けると思います。
戸部先生、本当にありがとうございました。


ドラマ化された【光とともに】の主題歌・万華鏡キラキラ(RYTHEM)
スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。