スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

サミット2011開催

前回の記事【もうすぐ始業式♪】でもご紹介しましたが、
昨日は、じゅんちゃんの療育の先生(臨床心理士)のなべなべ先生、
じゅんちゃんの家庭教師のさおり先生を交えて、
じゅんちゃんの今後の取り組みについて色々なお話をしました

その中の内容を幾つかご紹介します。

※記述の説明
 Q:質問
 A:回答
 C:コメント

Q:前回(2010年6月12日)に相談した内容を踏まえ、
  今やっていることは、
   国語:履歴書が書けるようにと言う事で、漢字の書き取り。
      就職の際、自分のやりたい事を伝えられるように音読。
   算数:3桁、4桁の足し算、引き算(筆算)。
  だが、現状ゴールのイメージが見えておらず、将来へ向けて、
  どのようにすすめればよいかがわからない。
  以前、就職へ向けて以下の3つも出来た方が良いと仰ったが
  どう進めればよいか?
   ・掛け算
   ・電卓の使い方
   ・物の長さ、重さ、分量

A:“物の長さ、重さ、分量“については、どこを目指すかで変わってくる。
  「どんなものでも量れるようになる」か
  「決まった容器を使って決まった量は量れる」等。
  ・どんなものでも量れるようになる:
    例えば、200ccの容器があって300ccを量る時は、
    200cc1回と100cc1回で300ccになるので、
    200+100=300が分からないといけない。
    つまり、「計算する」「量る」という2つのことを行うことになる。
  ・決まった容器を使って決まった量は量れる
    この容器は100ccだから、この容器を使えば100ccは量れる。


Q:物を量る時の表示は、デジタル、アナログのどちらが良いか?
A:両方使えた方が良いが、まずはデジタル、その後アナログで
  よいのではないか。


Q:物の長さを測る時は定規を使うが、重さや分量は何を使えばよいか?
A:重さは量り、分量は容器を使う。この時、単位も一緒に覚え、
  使い分けられるようになっていた方が良い。
   長さ m、cm、mm 定規
   重さ g       量り
   分量 cc       容器


C:1人で出来ることを目指しているので、手順書があるのが前提。

C:どの職種に付くかでやることは異なってくるが、
  それは高等部でやるとして、
  今の時期は(中学部では)どの職種でも
  使えそうなものに取り組んだ方が良い。


C:掛け算は出来た方が良いが、暗算では出来なくてもよい。
  1桁の掛け算では考え方を理解させ、
  2桁の掛け算は電卓を使えばよい。
  割り算も意味は分かっていた方が良い。


Q:なべなべ先生の今の職場に隼兵も通わせた方が良いのか?
  療育を受けられるのか?

A:今通っている患者さんは、じゅんちゃんよりも知的に高く、
  通常学級に通っている方が多い。
  保護者向けにペアレントトレーニングも行っている。
  これはじゅんパパ&じゅんママにもおすすめ。


   ・困った行動には、その前後があるので、それを考えてみる。
     前:困った行動を起こす原因は何か。
     後:困った行動を起こした後、どう対処したか。

   ・出来なかったことを叱るのではなく、出来たことを誉める。
    後に良い結果が待っていると、良い気分になる。
    トークンシステム(*)を使うのもよい。
    *:何かすると、その後にご褒美(好きな事)が待っていると
      頑張れる。
      お店のポイントカードもこの一種。
      (何ポイント溜まると○ができる。)
      目に見える形で分かる。

   ・構って欲しくて、わざと問題行動を起こすこともある。
    このような時は、周りに人は何もしない。

   ・まずは、観察が大事。


Q:お勧めの教材はありますか?
A:“こばと教材出版”の“認知発達教材”はよいかも。
  以前、じゅんちゃんの療育の時にも使った事があると思う。

※【こばと教材出版】HP

C:まず使ってみる。さおり先生とじゅんファミで相談の上、
  どの教材を使うかを決める。


このような感じで、今回の話し合いも大変有意義なものとなりました

この日の内容を踏まえて、学校と家庭(さおり先生含む)と
連携しながら、今後のじゅんちゃんの療育に取り組んで行きたいと
思います
なべなべ先生ありがとうございました!

記事:じゅんパパ



スポンサーサイト

 療育関係

- 2 Comments

みどり☆そら  

No title

なるほど。
将来の進む方向で
手順や選択が変わってくるのですね。
私、高校は機械科でしたので
途中から英語とか理科がなくなり
専門分野の授業が多くなりました。

2011/04/10 (Sun) 18:45 | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとうです♪

そらさ~ん♪コメントありがとうで~す

> なるほど。
> 将来の進む方向で
> 手順や選択が変わってくるのですね。

そうなんですよね~。
進路を定めるって本当に難しいです。
ハンディを抱えたじゅんちゃんは特に…。

> 私、高校は機械科でしたので
> 途中から英語とか理科がなくなり
> 専門分野の授業が多くなりました。

そらさんは
車の関係のお仕事ですものね♪。
なるほど~。
寄り実践に役立つ学習にかわっていかれたんですねv-410

2011/04/11 (Mon) 19:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。