スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

伯父の写真♪

先日実家に、父母と同じ町内の方が
『我が家のアルバムの中からこの写真を見つけました。
写真の裏に名前が書いてあり、お宅のご家族の方ではないかと思って…』
と下の写真を持って来られました。
父が『わぁ~!兄貴だ』と驚いてました。
写真の裏には『○○隆男・19才』と書かれていました。
私の実家の苗字…私の旧姓はちょっと珍しい苗字なので
我が家の家族ではないかと思われたようです。
60数年前に戦死した伯父の写真が、
このような形で私達の元に帰って来るなんて感慨深いです。

残念ながら、ご覧のように色褪せてしまっていますが、
この写真に写っているのは確かに伯父です。
私が注目したのは伯父がかぶっている帽子の帽章…。
『自』の文字が…。
父にその事を話すと懐かしそうに笑って
『うん…兄貴はな、自動車の運転手になりたかったんだよ。』と父。
初めて聞くエピソードに少し驚きました。
てっきり職業軍人になりたくて軍に入隊したのかと思っていたからです。
『隆男おじさんにも夢があったのね。知らなかった…』と私が言うと、
『うん…そうだよ。』と父が呟きました。
伯父(隆)b


戦場での伯父です。
父には歳の離れた兄が2人いました。
2人とも軍人で、1人は広島の原爆で被爆死。
この写真の伯父はソロモン諸島のブーゲンビル島に派遣され、
そこで戦病死しました。
10歳以上、歳が離れていた伯父と父。
幼い父をおぶったりして、良くおもりをしてくれていたといいます。
『あの時の兄貴の背中の温かさは今でも忘れられない』と言う父の言葉に胸が熱くなりました。
伯父(隆)a


伯父には恋人がいました。
伯父は、戦場に出征する事が決まった時に祖父(父や伯父の父)に
『帰って来たら○○と結婚したい…』と打ち明けたそうです。
その言葉を聞いた祖父は『分かった。だから帰って来い…』と答えたそうです。
でも伯父が帰って来る事はありませんでした。
昭和19年にソロモン諸島・ブーゲンビル島という外地で亡くなった為、
伯父の戦死の公報は戦後数年経ってから届いたそうです。
この間、家族は勿論、伯父の恋人も『いつ帰って来るのか』と
首を長くしていて、伯父の恋人は『隆男さんはまだお帰りではないですか?』と
何度も何度も実家に尋ねて来られたそうです。
伯父が亡くなったと知らされた後、伯父の恋人が
どのような人生を歩まれたのか分かりません。
伯父達の古いアルバムの中には、この伯父の恋人の写真も貼ってあります。
今回届けて頂いた伯父の写真を、伯父の恋人の写真の横に貼りました。
私に出来る事はこれ位しかありませんから……。
享年23歳…
戦争さえなかったら、"運転手になる事""恋人との結婚"という夢が叶えられたのにと思わずにはいられません。
DSC02348a.jpg


松任谷由実さんのTROPIC OF CAPRICORN…。
"短かすぎる命は
短かすぎる命は 愛の為だけにあるの
太陽も折り返す遠い海
戻れない情熱に身を任せて…"

この曲を聴くと海に囲まれた熱帯の島で亡くなった伯父の事を思い出す私です。

ソロモン諸島





スポンサーサイト

 歴史

- 6 Comments

がっちょーん  

戦争は・・・

悲惨です。といっても、私も実感がわきません。
父は、疎開したそうですが。
戦後60年ですか。当時を振り返る番組などが放映されていますが、「アメリカと戦って、到底勝てるわけがない」と主張する人は意外と多かったのだな、と知りました。

・・・なぜに無謀にも突撃してしまったのでしょう。
戦争があり、その後立ち直って今の日本があるわけですが。
「もし・・・」を言い出したらきりがありません。
今回の震災や原発とてそうですね。
大事なのは今から私たちはどのようにこの国を「つくりなおしていくか」ですよね。
私の好きな歌にこんな一節があります。

「僕が生きた「証」を残そう それをいつか「夢」と名付けよう」

2011/04/22 (Fri) 23:24 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

がっちょーんさ~ん♪コメントありがとうです

> 悲惨です。といっても、私も実感がわきません。
> 父は、疎開したそうですが。

実感がわかない……
ほとんどの方がそうなんでしょうね。
もう遠い日のお話になってしまっているのでしょう…。
そういう私も両親から実体験を聞き、書物などで知識を得た
疑似体験しか出来ませんけれどね。
でも…それでも忘れて欲しくない…
1人でも多くの方にあの戦争の事を知って欲しい…
と願わずにはいられません。

> 戦後60年ですか。
> 当時を振り返る番組などが放映されていますが、
> 「アメリカと戦って、到底勝てるわけがない」と主張する人は
> 意外と多かったのだな、と知りました。

そうですね…海軍大将の井上成美さんなどもそうだったようですよ。
真珠湾攻撃成功に多くの者が歓喜している中、井上さんだけが
『何て事をしてくれたんだ!』と激怒されたとか…。
それはかつて訪れた事のあるアメリカの力を知っておられたから。

> ・・・なぜに無謀にも突撃してしまったのでしょう。
う~ん、これは諸説ありますからね。
これは歴史と政治とキャ○ク○にお詳しいブログ仲間の
"俊さん"にお聞きした方が良いかもかも(笑)。
俊ちゃ~ん!教えてぇ~~~e-266

> 戦争があり、その後立ち直って今の日本があるわけですが。
まぁ…確かにそうなんですが、
それにしてもあまりにも多くの命が犠牲になり過ぎました。
今回ご紹介した伯父が参加したブーゲンビル島の戦いですが、
伯父が所属していた歩兵45連隊は何と死傷率80%を超えていたそうです。

> 「もし・・・」を言い出したらきりがありません。
> 今回の震災や原発とてそうですね。
> 大事なのは今から私たちはどのように
> この国を「つくりなおしていくか」ですよね。

そうですね…がっちょーんさんのおっしゃる通りだと思います。
『未来の鍵は過去にある』……
これからの国づくりの為にも、過ぎ去った過去から学んで、
現在&未来に活かしていきたいものですね。

> 私の好きな歌にこんな一節があります。
> 「僕が生きた「証」を残そう それをいつか「夢」と名付けよう」

素敵な詩ですねv-318
どんな曲なのかなぁ~v-392

2011/04/23 (Sat) 07:11 | EDIT | REPLY |   

たにやん  

No title

ユーミンの歌も素的でいい曲ですね。曲に合わせての映像も海と空が綺麗でした。叔父様の夢が叶えられず残念に思います。戦争さえなければと思います。でも、もしは無いと思います。人々の無念が復興へ導いたのかも知れません。私がインド旅をした時、カーストに苦しむ人々を見ました。そしてしりあったチベットの若者。彼が私にメモ書きしてくれた事が忘れられないのです。「世界は美しい」その言葉が私の写真のテーマにもなりました。その言葉こそ共通語としてあれば凄く素的な事でしょう。

2011/04/23 (Sat) 07:54 | EDIT | REPLY |   

がっちょーん  

いきものがかり

ご紹介した歌詞は、~ハジマリノウタ~遠い空澄んで~の一節です。いきものがかりの「ハジマリノウタ」というアルバムの最初の曲なのです。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND87064/index.html

素敵な曲が詰まっています。よろしければどうぞ。(^^

2011/04/23 (Sat) 09:36 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

たにやんさ~ん♪コメントありがとうで~す

> ユーミンの歌も素的でいい曲ですね。
> 曲に合わせての映像も海と空が綺麗でした。

動画見て下さったんですね!。
とっても嬉しいですv-410。ありがとうございますぅ~e-466
私もこの動画に出て来た空の写真を見て、
たにやんさんを思い浮かべましたよe-420

> 叔父様の夢が叶えられず残念に思います。
> 戦争さえなければと思います。
> でも、もしは無いと思います。
> 人々の無念が復興へ導いたのかも知れません。

そうですね…
遺族の立場になるとその『もし…』を
ついつい考えてしまうものなんですよね…。
叶わぬと分かっていても…。
悲しい事です…。

> 私がインド旅をした時、カーストに苦しむ人々を見ました。
> そしてしりあったチベットの若者。
> 彼が私にメモ書きしてくれた事が忘れられないのです。
> 「世界は美しい」その言葉が私の写真のテーマにもなりました。
> その言葉こそ共通語としてあれば凄く素的な事でしょう。

インドで貴重な経験をなさったんですねv-352
そうですね♪たにやんさんのおっしゃる通りだと思いますv-318

2011/04/24 (Sun) 00:55 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

がっちょーんさ~ん♪コメントありがとうで~す

> ご紹介した歌詞は、
> ~ハジマリノウタ~遠い空澄んで~の一節です。
> いきものがかりの「ハジマリノウタ」というアルバムの
> 最初の曲なのです。
> http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND87064/index.html
> 素敵な曲が詰まっています。よろしければどうぞ。(^^

歌詞のページ飛んで読ませて頂きました~v-410
やはりとても素敵な歌詞ですねe-420
今夜ツタヤに行きましたので、
このアルバムもレンタルして来ちゃいました♪。
これからじっくりと聴きますv-341
教えて下さってありがとうv-318

2011/04/24 (Sun) 01:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。