スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

本を読みました。

先日じゅんちゃんが通っている養護学校で、主事の先生から「QOL、QWLを高める」というようなお話がありました。

最初に聞いた時、『QOL…?QWL…?って何だ???』と思いました。
調べたらそれぞれ以下のような意味のようですパソコン

QOL(Quality of Lifeの略語):
  一般に人の生活の質という意味。
  「ある人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが
  出来ているか」を計るための尺度として働く概念。


QWL(Quality of Working Lifeの略語):
  労働者の労働生活の質という意味。
  人間が人間らしく仕事ができるよう仕事の質を向上させる取り組み。


その後、給付金も入った事だし、じゅんちゃんの療育に役立つ本を何冊か買おうかと探したところ、偶然、『QOL、QWL』という言葉が題名にある本を見つけたので、早速購入しました本

こうすれば自閉症の子どもの就労は実現できる
~QOL、QWLの向上を目指す~
(自立と社会参加を目指す自閉症教育4)




本のメインタイトルは仰々しい感じですが、僕たちはサブタイトルの方に惹かれて、購入しましたラブ

その後、熊本大学の講師の方から養護学校宛てに「QOLに関するアンケートの協力依頼」がありましたので我が家も協力しました学校

このように、QOLは我が家では旬となっていますキラキラ


さて、購入した本の内容ですが、共感できる部分や、なるほどと言う様な部分が多々あり、とても勉強になりましたまる
例えば以下のような内容です。

・感謝の気持ちを持てる子供ほど日ごろ周りから感謝される体験を
 多くしていることが分かっている。感謝することを教えるよりも、
 感謝される体験、活動を多く積み重ねる方が心が動くということ。
 感謝だけでなく、感情や気持ちを育てるためには、一方的な体験でなく、
 双方向の体験が必要。


我が家でも同じような経験があります。
じゅんちゃんは以前、「ごめんなさい」と言わなければいけない場面で、言えない時期がありました。
どうしようかと悩んだ時に、(例えば)じゅんちゃんにぶつかった時に、分かりやすく、ゆっくり、ちょっとオーバー気味に「じゅんちゃんゴメンネ」と言う様にしました。
そういうことをしばらく続けたら、じゅんちゃんが粗相をした時に「ゴメンネ」と言えるようになりました拍手

「『ごめんなさい』と言いなさい」や「感謝しなさい」と言うよりも、「ごめんなさい」と言われたり、感謝される経験をすることで、出来る様になる事もあるんだなと思いました天使

上記以外にも心に残った部分がいくつかありました。
ネタバレになるといけないので、あまり詳しくはかけませんが、いくつかご紹介します。

・能動的ではなく主体的な行動ができるようにする。
 つまり、自分で考えて行動できるようにする。
 行動を身につけるだけではなく、行動の意味を理解することが重要。


・就労は、能力の高い低いはあまり関係なく、自分の持っている能力を
 発揮できれば十分可能性はある。
 子供の特性を見つけ、職場で発揮できるようにしていくことが重要。

 
・自閉症の子は、正しいことを正しく教える対応をすれば、社会適応力も
 向上するが、実際は正しくない行動を教えられ、それが定着したため
 様々な場で不適応を起こしているのが実態。間違いを教えられても、
 それを間違いと気づかず正しいとして認知してしまう。
 「本物に触れ、本物を見、本物を聞く、そして本気で教える」ことが
 彼らの認知を向上させることの基本


・自閉症の子供にとって認知できやすい時期はある。小学校高学年
 (5、6年生)が、理解力を向上させるために効果的な時期と考える。
 この時期は、行動力と理解力のギャップが比較的少なく、情緒も
 安定していることが多いため。


・各時期に大切にすべきこと
  幼児期:
   生きていく上で最低必要な基本行動を、正しく、
   確かに認知するための支援、対応を行うこと
  小学校期:
   幼児期に身に着けた様々な基本行動を学校で生かし、
   適応能力の向上を目指す
  中学校期:
   QOLを高めること、させられる生活ではなく、
   主体的な生活を確立することが必要
  高等部:
   QWL及び職場適応能力の向上を目指す
  学校卒業後:
   学校教育で身に着けた様々な能力を低下させることなく、
   彼らの人生の質を高めることを重視する


この本の内容を踏まえて、今後もじゅんちゃんの療育を頑張って行きたいと思います力こぶ
親御さんに限らず、福祉に携わる方にも良い本だと思いますよOK

記事:じゅんパパ
------------------キリトリ---------はさみ--------
スポンサーサイト

 療育関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。