スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

実家にて…泣き笑い♪

先日、私(じゅんママ)の実家のある鹿児島に帰省して来ました。
認知症である父の症状は緩やかだけど
確実に悪化しているような気がしています。
父が母に私の事を『お前の娘か?』と聞くので、
母が『そうよ。私の連れ子よ』とジョークで返すと
『いつの間にあんなに大きくなったのか…』なんて答える父
どうやら私の事は忘れつつあるようです…が、
孫のじゅんの事は今でもしっかりと覚えていて、
じゅんを実家に連れて行くと『じゅん、じゅん、…』と呼んでは
『ご飯食べなさい』などと気遣う言う父。

帰省中、父専用の3段ボックスを移動したいからと母から頼まれ
隣室まで運びました。
夜になり、ふと『何が入っているんだろう…』と思い
3段ボックスを開けてみると
そこにはアルバム類がたくさん入っていました。
いくつかのアルバムを開いて見ますと、
そこにはたくさんのじゅんの写真が…。
その中の1つのアルバムの表紙には『爺亀と孫亀の二人連れ』
認知症になる前の父が自分で書いたタイトルがありました。
ご覧頂いた通り、このアルバムには父が幼い頃のじゅんを
背負っている写真ばかりが貼ってありました。
DSC07275n.jpg


涙が溢れ久しぶりに嗚咽をあげて泣いてしまいました。
その姿は、傍にいたじゅんが心配するほど……。
込み上げてくる気持ちを抑える事がどうしても出来ませんでした。
亭主関白を絵に描いたような父に反発や憤りも感じていましたが、
じゅんの事は本当に可愛がってくれました。
それはじゅんに障がいがあると分かった後も全く変わらなかった…。
障がい告知を受けて間もない頃、
実家に帰省していた私が熊本の自宅に帰る際、
『じゅんを大切にしてくれよ。じゅんは悪くないんだからな。頼むよ。』と私に声を掛けた父。
父の親心に泣き出しそうになるのをグッと堪えて、
敢えて『分かってるって』なんてそっけなく
返事をした事などを思い出しました。
DSC07278n.jpg


泣いて泣いて……ひとしきり泣いた後、また父のアルバム類を
見始めた私の目にドーンと飛び込んで来た1枚の写真…。
『ん……?。これ誰?』(爆笑)
何これぇ~~~。じゅんパパめちゃくちゃ痩せてるぅ~
今、目の前にいる姿とのギャップに大爆笑!!
"今泣いた烏がもう笑う"とはこの事(笑)。
泣き笑いの帰省となりました
junpapa@1.jpg





スポンサーサイト

 ありがとう

- 6 Comments

ミスバニー  

No title

嗚咽するぐらい泣いた気持ちわかります。
元気な時のお父さんを思い出したんですよね。
じゅんママの事、その時は一瞬忘れたみたいだけど
きっと次に行った時は、思い出していると思います。
じゅんちゃんと会う事が楽しみでもあるのでしょうね。
お母さんは、娘が帰って来ると毎日の色々を
話せるので嬉しいんだと思いました。
自宅で介護されてる場合も、病院や施設で入院してる場合も
こんなに弱くなったんだなと、受け止めないといけないのだけど
その人の元気な時を知ってるだけに、受け止められないのもあり
ますね。

じゅんママさん、寒い時ですので御自愛下さい。

2013/02/05 (Tue) 16:46 | REPLY |   

たにやん  

No title

わかりますね。
母が血圧で倒れ家に戻ってきたとき、母は仏壇の前で
泣いたのを思い出しました。

2013/02/06 (Wed) 09:23 | EDIT | REPLY |   

たいじ  

No title

じゅんパパさんの写真、じゅん君が大人になったらこんな感じになるのかな?って思えるくらい何か雰囲気似てる気が。

認知症ってホントに子どものことも忘れてしまったりするんですね。
今、朝の連ドラでお母さんが認知症になって家族がつらい思いをしてたりって言うところ観てるんですが、自分の親が認知症になる可能性もあるんだなぁってつくづく考えてしまいました。

2013/02/06 (Wed) 11:08 | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

ミスバニーさ~ん♪コメントありがとうです

> 嗚咽するぐらい泣いた気持ちわかります。
> 元気な時のお父さんを思い出したんですよね。

まさに…そうなんです。
父に関する大変な出来事ばかりを考えていた私に
忘れかけていた大切な事を思い出させてくれましたv-22

> じゅんママの事、その時は一瞬忘れたみたいだけど
> きっと次に行った時は、思い出していると思います。

そうだと嬉しいですv-318

> じゅんちゃんと会う事が楽しみでもあるのでしょうね。
そうみたいです…
じゅんの事ばかり話す…と母が申しておりました。

> お母さんは、娘が帰って来ると毎日の色々を
> 話せるので嬉しいんだと思いました。

はいぃ~、これもその通りみたいで(笑)、
深夜までおしゃべりに付き合う事もありますv-410v-356

> 自宅で介護されてる場合も、病院や施設で入院してる場合も
> こんなに弱くなったんだなと、受け止めないといけないのだけど
> その人の元気な時を知ってるだけに、受け止められないのもあり
ますね。

そうですね……色々と葛藤がありますね…。

> じゅんママさん、寒い時ですので御自愛下さい。
温かいお気遣いありがとうe-466

2013/02/06 (Wed) 19:53 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

たにやんさ~ん♪コメントありがとうです

> わかりますね。
> 母が血圧で倒れ家に戻ってきたとき、母は仏壇の前で
> 泣いたのを思い出しました。

そうだったんですね……。
たにやんさんもご家族の病で胸が痛む経験をなさったんですね…。

2013/02/06 (Wed) 19:53 | EDIT | REPLY |   

じゅんママ  

ありがとう♪

たいじさ~ん♪コメントありがとうです

> じゅんパパさんの写真、じゅん君が大人になったら
> こんな感じになるのかな?って思えるくらい
> 何か雰囲気似てる気が。

えっ…って事は…じゅんも将来は…v-16v-356
な~んて♪(笑)。
そうですか~似ていますか♪そう言って頂くと、
とてもじゅんパパが喜ぶと思いますv-410

> 認知症ってホントに子どものことも忘れてしまったりするんですね。
はい…そうですね。
家族の事だけでなく、自分自身の事も…
少しずつ忘れて行ってしまうようです…。

> 今、朝の連ドラでお母さんが認知症になって
> 家族がつらい思いをしてたりって言うところ観てるんですが、
> 自分の親が認知症になる可能性もあるんだなぁって
> つくづく考えてしまいました。

ドラマ未見なんですけれど…そういう内容なんですね。
そうですね…誰でも病にかかる可能性はあるんですよね…。

2013/02/06 (Wed) 19:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。